長崎県公立学校事務職員協会

会則

長崎県公立学校事務職員協会会則

(名称、事務局)

第1条 本会は、長崎県公立学校事務職員協会と称し、事務局を会長が勤務する学校内に置く。
2 本会に次の支部を置く。
長崎・西彼佐世保・北松・東彼諫早・大村
島原半島五島壱岐・対馬

(目的)

第2条 本会は、会員相互の連携のもとに、学校事務に関する研修・研究を行い、学校事務の円滑な運営を期するとともに、会員の資質の向上に努め、本県学校教育の発展の向上に資することを目的とする。

(事業)

第3条 本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1)学校事務の諸分野に関する研修・研究
(2)研究大会、研修会の開催
(3)会員の資質の向上に関する事業
(4)その他本会の目的達成に必要な事業

(会員)

第4条 本会の会員は、長崎県の公立高等学校、特別支援学校及び県立中学校に勤務する事務職員並びに事務に従事するその他の職員をもって構成する。

(役員)

第5条 本会に次の役員を置き、任期は1年とする。ただし、再任を妨げない。
(1)会長1名本会を代表し、会務を統括する。
(2)副会長3名会長を補佐し、会長に事故あるときは、これを代理する。
(3)特別理事1名本会と事務長会の連絡調整にあたる。
(4)理事18名本会の会務を処理し、所属支部内の連絡調整にあたる。
(5)監事2名本会の会計を監査する。
(6)事務局長1名庶務・会計事務を処理する。
2 役員が欠けたときは、前任者の残りの期間を補充するものとする。

(役員の選出)

第6条 会長は、理事会において選出し、総会の承認をうる。
2 副会長は、会長所属支部から1名、他の支部から2名を理事会において選出し、総会で承認をうる。
3 特別理事は、事務長会長をあてる。
4 理事は、支部ごとに選出し、その数は次のとおりとする。
長崎・西彼(4名)佐世保・北松・東彼(5名)諫早・大村(3名)
島原半島(2名)五島(2名)壱岐・対馬(2名)
5 専門委員会委員長の選出については、別に規則で定める。
6 監事は、理事会において選出し、総会で承認をうる。
7 事務局長は、会長が指名し、理事会及び総会で承認を得る。
8 役員は、相互に兼ねることができない。

(議決機関)

第7条 議決機関として、総会及び理事会を置く。
2 総会は、会員をもって構成する。
3 理事会は、会長・副会長・特別理事・理事及び事務局長もって構成する。
なお、必要に応じて監事・専門委員会委員長に出席を求めることができる。

(執行機関)

第8条 執行機関として、本部役員会及び専門委員会を置く。
2 本部役員会は、会長・副会長・特別理事・専門委員会委員長及び事務局長をもって構成する。
なお、必要に応じて監事に出席を求めることができる。
3 専門委員会については、本部役員会で別途定める。

(総会・理事会・本部役員会)

第9条 総会は、年1回開催し、理事会における議決事項を承認し、その他重要な事項を議決する。ただし、理事会が必要と認めたときは、臨時総会を開催することができる。
2 理事会は、総会にかわる議決機関とし、必要に応じて開催し、事業及び予算・決算、会則の改正、その他本会の運営に関する事項、緊急な事項について議決することができる。
3 本部役員会は、本会事業の企画運営について協議する。

(会議の招集、議長、議決)

第10条 総会は、会長が招集し、議長は出席会員のうちから選任する。
2 理事会は、会長が招集し、議長は出席理事の互選による。
3 会議の議決は、出席者の過半数の可否をもって決し、可否同数のときは議長の決するところによる。
4 本部役員会は、必要に応じて会長が招集する。

(経費)

第11条 本会の経費は、会費及びその他の収入をもってあてる。
2 会費は、会員1人当たり年額、事務職員は3,000円、事務に従事するその他の職員は2,000円とする。

(会計年度)

第12条 会計年度は、4月1日から翌年3月31日までとする。

(附則)

附則
本会則は、昭和50年8月26日改正により実施する。
附則
本会則は、昭和53年8月25日改正により実施する。
附則
本会則は、昭和63年5月17日改正から施行する。ただし、第5条中、任期にかかる規定の改正部分については、平成元年度から適用する。
附則
本会則は、平成6年7月8日改正から施行する。
附則
本会則は、平成10年8月7日改正から施行する。
附則
本会則は、平成11年7月27日改正から施行する。
附則
1本会則は、平成15年7月25日改正から施行する。
ただし、第4条及び第10条第2項は、平成16年4月1日から適用する。
2改正後の会則第10条第2項の適用については、平成16年度は、事務職員の
「4,000円」とあるのは「2,000円」と、事務に従事するその他の職員の
「2,000円」とあるのは「1,000円」とし、平成17年度は、事務職員の
「4,000円」とあるのは「3,000円」と、事務に従事するその他の職員の
「2,000円」とあるのは「1,500円」とする。
附則
本会則は、平成18年4月1日改正から施行する。
附則
本会則は、平成19年4月1日改正から施行する。
附則
本会則は、平成20年4月1日改正から施行する。
附則
本会則は、平成22年4月1日改正から施行する。

6条1項についての申し合わせ事項

1 会長は理事会での選出を承認とみなし、総会で報告する。
2 この申し合わせ事項は、平成10年8月7日から施行する。